ドッグフード(愛犬のごはん) 犬のおやつ・ふりかけ・サプリメント等 キャットフード(愛猫のごはん) 猫のおやつ・ふりかけ・サプリメント等

ペットと栄養学

体型(ボディー・コンディション・スコア)

体型(肥満度)

犬・猫の体型は5段階の基準が設けられています。これをボディー・コンディション・スコア(BCS)といいます。見た目と体に触れることで誰でも簡単に体型を判定できるようにしたものです。

1が痩せすぎで、5が太りすぎ。3が理想の体型です。ここを目指して頑張りましょう。
では、BCS1から順に見てみましょう。

BCS-1 "Emaciated"(痩せ衰えている)
BCS1

近寄らなくても、肋骨、腰椎、骨盤などのすべての体の突起部位がくっきりと見えるほどに痩せこけた状態です。体脂肪は認識できませんし、筋肉量も明らかに不足しているのがわかる状態です。

BCS-2 "Thin"(痩せている)
BCS2

体に触ると肋骨がはっきりと認識できる状態です。脂肪は体に触っても分かりません。背中の腰髄の上部が浮き出ており、BCS1ほどではありませんが、骨盤の角も浮き出ています。ウエストはくっきりとくびれていて腹部がへこんだ状態です。

BCS-3 "Moderate"(適切な体型)
BCS3

皮下が丁度良い脂肪に覆われており、体に触れれば肋骨がわかる程度。横から見れば腹部のへこみがわかるぐらいの体型です。目指すべき理想の体型です。一般の飼い主様から見るとちょっと痩せ気味に思えるかもしれませんね。

BCS-4 "Stout"(ぽっちゃり)
BCS4

全体に肉づきがよく、皮下脂肪のため肋骨に触ることが難しい状態。腰骨や臀部に脂肪が目立ち、腹部のへこみがない状態です。多くの一般の飼い主がこの"BCS4"を丁度良い体型と勘違いするそうです(栄養学セミナーの講師である獣医師談)。そういえば、これぐらいの体型を近所でもよく見かけますよね。

BCS-5 "Obese"(肥満)
BCS5

胸部から背骨、臀部にかけてたっぷりの脂肪が付いた状態。ウエストや腹のへこみはなく、むしろ腹回りは膨らんでいます。首回りや手足にも脂肪が蓄積されています。健康のためにも早く対策が必要です。

(オハイオ州立大学獣医療センター"Body Condition Scoring Chart")





ペット・ウェブ・ダイニングのホームへ戻る

ここに掲載の内容はあくまでご参考いただくことを目的としております。この内容に基づくあらゆる行動の結果について当店は責任を負いかねますことをご了承ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • メーカー発注休止

営業日等はカレンダーでご確認ください。ネットでのご注文は休業日でも承ります。ご注文への対応は翌営業日に行います。
定休日:日・祝 営業時間: 9:00~16:00

お支払い方法の種類

ご利用可能クレジットカードあんしんクレジットカード決済システム

代金引換

楽天ペイ(オンライン決済)

後払い決済

新商品・サービスやお得情報のご案内など。割引クーポンをお付けすることも・・。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

メールマガジン・バックナンバー

ペットフードについて学んでみましょう。

どうぶつ福祉ネットワーク

どうぶつ基金 さくら耳

迷子犬の掲示板 迷子犬を見かけたらこちらをクリック!

ページトップへ