ドッグフード(愛犬のごはん) 犬のおやつ・ふりかけ・サプリメント等 キャットフード(愛猫のごはん) 猫のおやつ・ふりかけ・サプリメント等

ペットと栄養学

炭水化物

炭水化物

炭水化物は 食べ物に含まれる有機物のうち、タンパク質脂質以外のものを指します。体内でエネルギーとなる糖質と食物繊維が含まれます。
※文献によっては、食物繊維を炭水化物に含めないこともあります。

炭水化物とは

ペットフードの成分を計測する際、上の青文字のものは計測しますが、通常糖質は計測せずにフード全体から青文字の成分(水分、粗タンパク、粗脂肪、粗繊維、粗灰分)を引いて計算します。また、糖質は通常あまり表示しません。表示した場合でも「可溶無窒素物」という表現の場合もあります。

炭水化物の分類

炭水化物は大きく分けて「単糖類」「少糖類」「多糖類」に分かれます。

炭水化物の分類

少糖類と多糖類のうちの食物繊維以外は、消化酵素で消化されて単糖類になり、小腸で吸収されます。

ところが、食物繊維は消化酵素ではなく、微生物(腸内細菌)で分解します。人間や肉食動物ではこの働きが弱く、ほとんどエネルギーを作り出すことが出来ません。


炭水化物の消化

食べ物の消化には次の3つの方法があります。

  • 機械的な消化

口の中で咀嚼することです。

  • 消化酵素による消化

人間では口の中の唾液中の消化酵素から始まり、胃液や小腸で分泌される消化酵素によって各栄養素が小さな分子に消化されます。
人は唾液にもアミラーゼという消化酵素があり、デンプンがマルトース(麦芽糖)やデキストリンに分解されます。
唾液にアミラーゼを持たない犬や猫の咀嚼は、のどを通る大きさに小さくするだけです。だから、フードを丸呑みしても食べ物の消化における問題はありません。(カリカリをきちんと噛んでくれないと歯石がつきやすいという問題点がありますが)

デンプンの消化
  • 微生物による消化

盲腸・大腸では消化酵素がほとんどなく、微生物(腸内細菌)によって分解が行われます。食物繊維を消化出来る消化酵素はないので大腸(盲腸)の微生物(腸内細菌)によって発酵・分解されます。虫垂はその腸内細菌が溜まる場所です。人や犬は盲腸があるので食物繊維を若干分解できます。猫は盲腸がほとんど機能していません。犬が「雑食」、猫が「肉食」ということがここからも分かります。
草食動物の盲腸はかなり大きめです。牛の場合、1番目の胃でも微生物での分解を行っています。

糖質と食物繊維は別でお話しします。




ペット・ウェブ・ダイニングのホームへ戻る

ここに掲載の内容はあくまでご参考いただくことを目的としております。この内容に基づくあらゆる行動の結果について当店は責任を負いかねますことをご了承ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日(日・祝)
  • 臨時休業日

営業日等はカレンダーでご確認ください。ネットでのご注文は休業日でも承ります。ご注文への対応は翌営業日に行います。
営業時間: 9:00~16:00

お支払い方法の種類

ご利用可能クレジットカードあんしんクレジットカード決済システム

代金引換

楽天ペイ(オンライン決済)

後払い決済

新商品・サービスやお得情報のご案内など。割引クーポンをお付けすることも・・。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

メールマガジン・バックナンバー

ペットフードについて学んでみましょう。

どうぶつ福祉ネットワーク

どうぶつ基金 さくら耳

迷子犬の掲示板 迷子犬を見かけたらこちらをクリック!

ページトップへ