ドッグフード(愛犬のごはん) 犬のおやつ・ふりかけ・サプリメント等 キャットフード(愛猫のごはん) 猫のおやつ・ふりかけ・サプリメント等

ご案内

窒素置換小分け包装について

窒素置換小分け包装について

小さい袋に小分けして一袋ずつ開封して使用すれば小袋を購入したのと同じで最後まで安全にお与え頂けます。各小袋の中が無酸素であれば開封までの間は全く酸化が進行しません。

当店では、空気を窒素に置き換えてパッケージ(窒素置換小分け包装)することが可能です。同じ種類のフードでは1kgあたりのお値段が安い大袋では是非窒素置換小分け包装をオススメします。

フードの保存(腐敗や酸敗の防止)について細部はこちらをご覧下さい

「窒素置換小分け包装」のしくみ

空気の約21%は酸素です。酸素は酸化(酸敗)の材料となります。湿度によりますが約1%が水分です。水分は酸化を助長させる働きをしますし、カビ等の原因となります。
高性能真空ポンプで空気を99.9%抜き取り、気圧を戻す際に窒素を使用すれば窒素以外の空気の成分はほとんど取り除かれてしまいます。

窒素置換小分け包装について

残存する酸素や水分は極めて微量のため、小さな脱酸素剤や乾燥剤を封入しておけば容易に除去可能です。この窒素置換行程を行わずに通常の小分けパックのみの場合、相当大きな脱酸素剤が必要となります。よくお菓子等に封入されている小さな脱酸素剤の酸素除去能力は、20~30ccです。

「窒素」は、他の物質に影響を及ぼさない「不活性ガス」の一種です。食品用の不活性ガスには窒素の他に、アルゴン(日本では認められていませんが、海外では高級ワインに使用)や二酸化炭素(炭酸ガス)があります。窒素は安価で味にも影響しないため、ポテトチップ等一般によく使用されています。(二酸化炭素は若干の酸味が生じます。炭酸水の味です。)

食品添加用窒素ガスについて、当店の仕入れ先である(株)大東医療ガス様が詳しく解説されています。よろしければご覧ください。

大袋フードはこちら

当店の「窒素置換小分け包装」の特徴等
チャンバー型真空包装機
高性能チャンバー型真空包装機

真空包装機には当店のような「チャンバー型」と家庭用包装機に多い「ノズル型」があります。ノズル型は真空率が袋の収縮で制約されます。チャンバー型では、袋を置いたチャンバー(釜)ごと真空にするため、袋が収縮せず、ポンプの性能いっぱいまで真空にすることができます。当店が使用する真空包装機は99.9%の真空率で空気を徹底除去します。

真空パックと窒素置換包装
真空パックではありません

窒素置換充填せずに真空パックでも真空包装機による酸素除去量は同じですが、微量に残る酸素を脱酸素剤で除去する場合、袋中に気体が循環するための空間が必要となります。真空パック食品の多くで脱酸素剤が使われていないのはこのためです。脱酸素剤の性能を十分に発揮させる空間確保のため、窒素を空気と置き換える形で充填しています。

加えて、真空パックの場合、フードがパック内側に突き刺さり輸送中に破袋(ピンホール)する可能性があります。ピンホールを避けるために真空率を下げることは、酸素除去性能を減殺してしまうため行っておりません。

セイニチ・ラミジップWBAL
食品保護性能に優れた小分け袋

小分け袋には、セイニチ様の「ラミジップ®」のサイドガゼットタイプを使用しております。多層フィルムとアルミ蒸着により、遮光性、ガスバリア性に優れています。チャックが使いやすいことでも定評があります。

確実な密封と窒素充填後の空間確保のため1袋の最大量は1.25kgとしています。小型犬でも1ヶ月以内で十分に食べきれる量です。

食品添加用窒素ガス
「食品添加用」窒素ガス

窒素ガスには(株)大東医療ガス様の食品添加用窒素を使用しています。大切なご家族である愛犬・愛猫の食品の包装に使用するものですから、人間用の食品包装(ポテトチップなど)に用いるのと同一基準の窒素ガスを選びました。

脱酸素剤と乾燥剤
脱酸素剤と乾燥剤を封入

脱酸素剤はその作用に水分を必要としてるため、食品の持つ水分に依存するタイプと脱酸素剤自身が反応に必要な水分を持っている自力反応タイプの大きく分けて2種類が存在します。

ドライフードの多くは10%以下しか水分量がなく、また、腐敗防止のために乾燥剤も封入しますので、当店では「自力反応タイプ」を使用しています。脱酸素能力は30cc/個あり、1個でも十分な能力を有しています。

乾燥剤には食品包装に一般に使用されるシリカゲルを使用しています。脱酸素剤の作用を妨害しないよう脱酸素剤とシリカゲルを離して袋詰めします。袋の底部から、①シリカゲル、②フード、③脱酸素剤の順で入れていきます。

大袋フードはこちら

「窒素置換小分け包装」でのご注文方法
  1. 小分けをご希望の商品をカートに入れてレジ(購入手続き)にお進みください。
  2. レジ(購入手続き)でお支払い方法を決定して次のページお進み頂くと窒素置換小分け包装をお選び頂く欄が表示されます。
「窒素置換小分け包装」ご注文時の注意点
  • 小分けには約3Lの袋を使用して、密封包装を確実に行うため一袋約900~1250gのフードをお詰めします。一袋の容量はフードの比重によります。比重の軽いフードでは1袋の量が少なくなります。おやつ使いが予想されるフードの場合、より小さい(容量2L)の袋を使用します。
  • 1回のご注文につき、小分け袋数にかかわらず、小分けするフードの量が3kgまでは324円(税込み)、5kgまでは540円(税込み)、5kg以上は648円(税込み)の手数料を頂戴いたします。窒素置換小分け包装の手数料はポイント還元の対象外です。
  • 対面によらない販売(通販)での小分け包装は「製造」行為に相当します(関東農政局に愛がん動物用飼料製造業者届を届出済み)。小分けした商品に不具合がありましたら、フードそのものの不具合であっても当店の責任において対応させていただきます。当店までご連絡(メール:shop@pet-dining.jp)ください。
  • 「窒素置換小分け包装」はご購入いただいた商品に対してお客様のご注文によって加工を行うものです。小分け包装を行った商品はお客様のご都合による返品、キャンセルはできません。あらかじめご了承ください。
  • 商品が到着しましたら最初に破袋の有無をご確認ください。ピンホールほどの破袋でも酸化防止性能を喪失しております。当店の負担において交換等の対応をさせていただきますので問題がございましたら到着後7日以内にご連絡ください。7日を過ぎますとお客様による初度の確認が終了したものとして扱わせていただきます。なお、窒素充填量の多少は酸化防止性能に影響ございません。
  • 小分け袋は乱暴に扱わないでください。お客様のお取り扱いによる破袋には対応いたしかねます。
  • 一部のブランド、商品においては小分け包装に対応できません。

大袋フードはこちら

これまでに頂いたご質問
Q 小袋商品でも窒素置換包装に対応していますか?
A 対応は可能です。各商品は当店の判断により小分けの必要のない商品又は小分けのできない商品には窒素置換小分け包装の設定をしておりませんが、可能であれば小袋商品でも小分けを致します。ご購入の際通信欄にご記入ください。ただし、3袋未満の小分けでも3袋分の324円(税込)を頂戴します。後ほど請求金額に加算させていただきますのでご了承ください。

Q 小分け袋数を一袋減らして一部を元袋に残して発送してもらいたいのですが?
A 小分け包装は当店の製造行為として行います。そのため、元袋に一部を残しての発送には対応いたしかねます。各商品に当店が指定しています袋数でご注文ください。また、1袋の容量を増やして袋数を減らすこともご容赦くださいますようお願い申し上げます。

Q あまりふくらんでいない袋もあるのですが、窒素が少ないと賞味期限が短くなるのでは?
A 窒素は食品に対して良くも悪くも影響しない不活性ガスです。たくさん入れたからといって賞味期限が延長されることはありません。窒素充填の目的は、前述のとおり脱酸素剤の能力確保破袋(ピンホール)防止です。真空パックのように中のフードがぎゅっと固まるほどであれば窒素の目的を果たしていませんが、若干ふくらみが少ない程度でしたら問題はございません。

Q 商品表示はどうなりますか?
A 窒素置換小分け包装を行った場合は、空の元袋にご案内の文書を添えて商品に同梱させていただきます。ペットフード安全法(愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律)に定められたフード表示(フードの目的、原材料、原産国名等)は原則として元袋の表示で確認していただくとともに事業者名、賞味期限などの小分けによって変更となる事項は添付の案内文書に記載しております。フードをご使用の間、元袋と案内文書を保管くださいますようお願いいたします。
元のページに戻る




ホームへ戻る

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 午前中のみ営業

営業日等はカレンダーでご確認ください。ネットでのご注文は休業日でも承ります。ご注文への対応は翌営業日に行います。
営業時間: 9:00~16:00

お支払い方法の種類

ご利用可能クレジットカードあんしんクレジットカード決済システム

代金引換

楽天ペイ(オンライン決済)

後払い決済

新商品・サービスやお得情報のご案内など。割引クーポンをお付けすることも・・。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

メールマガジン・バックナンバー

ペットフードについて学んでみましょう。

愛犬・愛猫の写真を大募集

どうぶつ福祉ネットワーク

どうぶつ基金 さくら耳

ページトップへ